伊藤医院|埼玉県さいたま市見沼区

内科、小児科、眼科
市民検診、各種予防接種、ドライアイ、マイボーム腺診断と治療

tel:048-686-5588

有田玲子の業績

トップ > 有田玲子の業績

CURRICULUM VITAE【 業績目録 】

経歴

業績

学歴・職歴

  • 京都府立医科大学卒業,京都府立医科大学博士課程修了
  • 伊藤医院副院長
  • 慶應義塾大学非常勤講師MGD外来主任
  • 東京大学眼科臨床研究員ドライアイ外来主任

受賞

  • 2009 ドライアイリサーチアワード
  • 2009 角膜学会学術奨励賞
  • 2016 Highest Impact Factor of papers published on Dry Eye Award
受賞

所属学会

  • 日本眼科学会、日本手術学会
  • 日本コンタクトレンズ学会
  • Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本角膜学会
  • American Academy of Ophthalmology
  • 日本緑内障学会

主な研究テーマ

  • ドライアイ
  • マイボーム腺機能不全(LIME研究会:代表世話人)
バナー

特許申請

  • マイボーム腺観察装置(株式会社トプコン)2008
  • 眼科画像解析装置、および眼科画像解析プログラム, 申請中,出願番号 2012-217621
  • 抗角化剤軟膏を用いたマイボーム腺機能不全(MGD)に対する治療,申請中 出願番号 2013-137020
  • 有田玲子ブース
  • 有田玲子ブース
  • 有田玲子ブース

学会シンポジスト

  • 第2回日韓ジョイントセミナー(2008年11月 ソウル)
    ’Non-contact meibography‘
  • 第14回Kyoto Cornea Club(2008年12月 京都)
    ’Blepharitis and meibomian glands~Non-contact meibography‘
  • 第113回日本眼科学会(2009年4月 東京)
    『ノンコンタクトマイボグラフィーの開発と応用』
  • 第3回日韓ジョイントセミナー(2009年12月 京都)
    ’Proposed diagnostic criteria for obstructive meibomian gland dysfunction‘
  • 第114回日本眼科学会(2010年4月 名古屋)
    『マイボーム腺関連疾患の病態の解明』
  • 第64回臨床眼科学会(2010年11月 神戸)
    『非接触型マイボグラフィーの有用性』
  • 第2回Asia Cornea Society(2010年12月 京都)
    ’Non-contact meibography’
  • 第4回日韓ジョイントセミナー(2010年12月 京都)
    ’Effects of long-term antiglaucomatous medications on meibomian glands.‘
  • 第5回箱根ドライアイクラブ(2011年6月 箱根)
    『抗炎症の観点からみたドライアイ治療』
  • 第5回日韓ジョイントセミナー(2011年10月 ソウル)
    ’The newly developed mobile pen-shaped meibography‘
  • TFOS ASIA(2012年4月 鎌倉)
    ’Non-invasive meibography’
  • 第116回日本眼科学会教育講演(2012年4月 東京)
    『マイボーム腺機能不全の診療update』
  • 第18回Kyoto Cornea Club(2012年12月 京都)
    ’Validity of Non-Invasive Meibography Systems: Non-Contact Meibography Equipped with a Slit-Lamp and a Mobile Pen-Shaped Meibography.‘
  • The 4th Biennial Scientific Meeting Asia Cornea Society
    (2014年12月12日 Taipei international convention center)
    Increased tear fluid production as a compensatory response to meibomian gland loss: A multi-center, cross-sectional study
    Arita R, Morishige N, et al. Lid and meibomian gland working group
  • Asia ARVO(2015年2月18日 パシフィコ横浜)
    ’Recent Advances in meibomian glands‘
  • Taiwan Academic Ophthalmology Conference シンポジウム
    (2015年3月21日 台湾)
    ’The latest technology for the diagnosing and treatment of MGD‘
  • ARVO meeting (The Association for Research in Vision and Ophthalmology)
    Denver(コロラド州デンバー), May 3-7 Colorado Convention Center

    ’Meibum color and fatty acid in patients with meibomian gland dysfunction‘
    Arita R, Mori N, Shirakawa R, Asai K, Fukano Y, Imanaka T, Nakamura M, AmanoS.
    Session Date/ Times: May 4, 2015 from 3:45 PM to 5:30 PM

    ’Clinical and Histological Investigation of the Double Row of Meibomian Gland Orifices‘
    Shirakawa R, Arita R, Ito M, Sawamura H, Amano S.
    May 6, 2015 from 11:00 PM to 12:45 PM
  • 第35回日本眼薬理学会(2015年9月6日 13時30分-15時 第一会場:ソラシティ カンファレンスセンター2F ソラシティホール)
    シンポジウム2『これからのドライアイ治療戦略』
    蒸発亢進型ドライアイ(主にマイボーム腺機能不全)における治療戦略
    伊藤医院 有田玲子
  • Sands Expo & Convention Center(2015年11月16、17日 ラスベガス、アメリカ)
    Proposal of Novel, Definite, and Highly Reliable Grading Scales for Meibomian Gland Dysfunction
    Reiko Arita, Rika Shirakawa, Shima Fukuoka, Izumi Minoura, Kei Asai, Takahiro Imanaka, Masatsugu Nakamura, Shiro Amano
  • Taiwan Ophthalmology Society(2008年11月28日 台湾、台北市)
    Taipei International Convention Center
    Benefits of MGD treatment for pre-surgical treatment
  • APAO 2016 Lunch Symposium(2016年3月 中国)
    Emergine Trend and Innovative Therapy in Dry Eye Syndrome
    ’Infinite Potentials of Warming Compress on Eyelids‘
  • Ocular Surface Symposium 2016(2016年5月 東京都)
    『涙のあぶら 最前線』

招待講演

  • 第81回福島眼科集談会(2008年11月 福島県)
    『とっておきのドライアイ検査』
  • 第3回箱根ドライアイクラブ(2009年6月 神奈川県)
    『マイボーム腺機能不全の診断』
  • 第15回Tokyo Ocular Surface Forum( 2010年7月 東京)
    『マイボーム腺機能不全の診療~非接触型マイボグラフィーを中心に~』
  • 第38回青森眼科手術懇話会(2010年8月 青森県)
    『非接触型マイボグラフィーの開発と応用』
  • 第26 回日本眼科看護学会(2010年9月 福島県)
    『ドライアイ最前線~非接触型マイボグラフィーの開発と応用~』
  • 第4回眼抗加齢研究会(2010年11月 東京)
    『マイボーム腺関連疾患の診断~非接触型マイボグラフィーを中心に~』
  • 帝京大学眼科学教室医局セミナー(2010年12月 東京)
    『非接触型マイボグラフィーの開発のきっかけ~研究はこうして始まった~』
  • 帝京大学眼科学教室医局セミナー(2011年4月 東京)
    『モバイル型マイボグラフィーの開発』
  • 宮田眼科病院セミナー(2011年11月 宮崎)
    『非侵襲的マイボグラフィーの開発と臨床応用』
  • 西日本眼疾患研究会(2011年11月 山口)
    『非侵襲的マイボグラフィーの開発と臨床応用』
  • 筑後眼科フォーラム(2012年5月 福岡)
    『ドライアイとマイボーム腺の密なる関係』
  • 第6回眼抗加齢学会(2012年9月 東京)
    『目とカフェインの微妙な関係』
  • 第一回ドライアイを考える会(2013年1月 福井)
    『世界で一番新しいドライアイの話』
  • 城西地区眼科講演会(2013年1月 東京)
    『明日から役立つ大胆で緻密なドライアイ治療戦略』
  • 埼玉県眼科教育講演会(2013年1月 埼玉)
    『ドライアイ層別診療の幕開け』
  • GIフォーラム2013 in城北(2013年1月 東京)
    『大胆で緻密なドライアイ治療戦略』
  • Dry Eye Symposium 2013in Okayama(2013年2月 岡山)
    『病態から治すドライアイ~うるおい力の秘密~』
  • 小平眼科勉強会(2013年2月 東京)
    『世界で一番新しいドライアイの話』
  • 宮崎市郡眼科医会講演会(2013年2月 宮崎)
    『世界最小の海の不思議、ドライアイ診療最前線!』
  • 旭川眼科フォーラム(2013年3月 旭川)
    『ドライアイ最新診療プロトコール』
  • 第1回 ドライアイイブニングセミナー(2013年3月 沖縄)
    『ドライアイ最新治療プロトコール』
  • 第19回とやま眼科学術講演会(2013年3月 富山)
    『明日から役立つドライアイ治療最前線』
  • 南多摩眼科医会総会(2013年4月 東京)
    『病態から治すドライアイ ~うるおい力の秘密~』
  • 高知眼科談話会(2013年4月 高知)
    『最新!ドライアイ診療プロトコール』
  • 第一回Bunkyo Ophthalmology Conference(2013年5月 東京)
    『明日から役立つドライアイ治療最前線』
  • 第8回北九州病診連携研究会(2013年6月 北九州)
    『明日から役立つ ドライアイ診療最前線』
  • 横浜北部ドライアイセミナー(2013年6月 横浜)
    『目からウロコのドライアイの話』
  • 空知眼科懇話会(2013年7月 北海道滝川市)
    『明日から役立つ ドライアイ診療最前線』
  • Kawasaki Young ophthalmologists Conference(横浜 2013年7月)
    『今が旬!ドライアイ診療最前線~MGDの話題も添えて~』
  • 神戸学術講演会 (2013年9月 神戸)
    『いつ聞く?今でしょ!ドライアイ最前線』
  • 高知県女性薬剤師会勉強会(2013年10月 高知)
    『ドライアイ最前線!~涙液のあぶらの不思議、温罨法の秘密~』
  • 第5回伯耆眼科医の会(2013年10月 島根)
    『マイボーム腺機能不全(MGD)診療アップデート』
  • 伯耆眼科医の会
    (2014年2月8日 米子ワシントンホテルプラザ2F会議室)
    『マイボーム腺機能不全(MGD)診療アップデート』
  • 第2回徳島Ocular Surface研究会・学術講演会
    (2014年3月1日 ホテルグランドパレス徳島 4Fメイプルルーム)
    『最新で細心のMGD治療』
  • 第2回ながのドライアイ研究会
    (2014年3月8日 THE SAIHOKUKAN HOTEL(長野ホテル犀北館) 2階サロン)
    『ムコスタで始めるドライアイ新治療』
  • 第2回大阪ドライアイセミナー
    (2014年3月15日 帝国ホテル大阪 八重の間)
    『ドライアイ診療最前線~マイボーム腺の話題を添えて~』
  • 名古屋角膜セミナー
    (2014年3月27日 名古屋マリオットアソシアホテル 17F ルピナス)
    『最新で細心のMGD治療』
  • 会津ドライアイ勉強会
    (2014年4月18日 ホテルニューパレス 2階 貴賓室)
    『明日から役立つドライアイ診療最前線』
  • 弘前地区眼科学術集会
    (2014年4月26日 弘前文化センター1階会議室)
    『最新で細心のドライアイ診療』
  • 第19回シェーグレン症候群セミナー
    (2014年5月24日 URAKU青山)
    『シェーグレン症候群のマイボーム腺~水と脂の不思議な関係~』
  • ムコスタ点眼液発売2周年特別講演会
    (2014年6月14日 品川プリンスホテルアネックスタワー プリンスルーム)
    『MGD治療あれこれ』
  • 第84回九州眼科学会のイブニングセミナー
    (2014年6月27日 久留米大学筑水会館大ホール)
    『マイボーム イズ マイブーム!~MGD診療最前線~』
  • 松江ドライアイ研究会
    (2014年7月26日 ホテル一畑1Fサンシャイン)
    『マイボーム腺機能不全(MGD)診療アップデート』
  • サロンド広島
    (2014年8月30日 杉本眼科4F会議室)
    『ドライアイ傾向と対策』
  • 佐世保市眼科医会学術講演会
    (2014年11月29日 セントラルホテル1階「アザリアの間」)
    『マイボーム腺機能不全診療の新時代』
  • 川崎眼科フォーラム特別講演
    (2015年2月28日)
    『涙液のHomeostasisを守ろう!
     ~マイボーム腺、診るべき所見、見逃しやすい所見~』
  • 豊中市医師会眼科医会学術研究会
    (2015年6月27日 千里阪急ホテル)
    『涙液のHomeostasis-マイボーム腺機能不全診療最新の話題-』
  • 第三回 埼玉よろず相談会
    (2015年 さいたま市 スズケン大宮支店)
    『ドライアイの最新の話題』
  • 第137回広島県眼科医会講習会
    (2015年10月4日 広島国際会議場 ダリア2)
    『ドライアイ 攻める治療、守る治療』
  • 第38回長崎県央・中地区眼科勉強会
    (2015年10月9日 長崎県)
    『ドライアイ診療、見えない所見の見える化へ』
  • 第69回日本臨床眼科学会ランチョンセミナー
    (2015年10月22日 愛知県)
    『HotしてGood!2 (ホッとしてグー!2)』
  • ドライアイ勉強会in唐津
    (2016年1月15日 佐賀県)
    『ドライアイ診療はこう変わる!』
  • 角膜カンファランス2016 ランチョンセミナー7
    (2016年2月19日 長崎県)
    『あなたならどうする?不定愁訴ケーススタディ -再現VTRから学ぶ-』
  • 角膜カンファランス2016 モーニングセミナー6
    「涙液油層の動態を観察する!」
    (2016年2月20日 長崎県)
    『Let‘s DR-1α! ~こんなにわかる涙液動態の不思議~』
  • 第8回 埼玉角結膜の会
    (2016年3月4日 東京都)
    『ドライアイ/MGD』
  • 第90回 中央眼科集談会
    (2016年3月18日 東京都)
    『ドライアイ診療はこう変わる! ~見えない所見の見える化~』
  • 第6回 春季葛飾区眼科医会学術講演会
    (2016年5月26日 東京都)
    『ドライアイ update -診断のコツ、治療の秘訣-』
  • 大塚製薬e講演会「術後患者満足度UPを目指して」
    (2016年5月27日 ネット配信)
    『術後のマイボーム腺機能不全(MGD)』
  • フォーサムモーニングセミナー
    (2016年7月3日 東京都)
    『マイボーム腺とマイボケア』

業績

原著

英文原著

  • Itoh R, Yokoi N, Kinoshita S.
    Tear film instability induced by rigid contact lenses. Cornea. 18(4):440-3, 1999.
  • Itoh R, Kawamoto S, Adachi W, Kinoshita S, Okubo K.
    Genomic organization and chromosomal localization of the human cathepsin L2 gene. DNA Res. 30;6(2):137-40, 1999.
  • Itoh R, Kawamoto S, Miyamoto Y, Kinoshita S, Okubo K.
    Isolation and characterization of a Ca(2+)-activated chloride channel from human corneal epithelium. Curr Eye Res. 21(6):918-25, 2000.
  • Arita R, Arita M, Kawai M, Mashima Y, Yamada M.
    Evaluation of corneal endothelial pump function with a cold stress test. Cornea. 24(5):571-5, 2005.
  • Arita R, Itoh K, Inoue K, Amano S.
    Noncontact infrared meibography to document age-related changes of the meibomian glands in a normal population. Ophthalmology. 115(5):911-5, 2008.
  • Mimura T, Amano S, Fukuoka S, Honda N, Arita R, Ochiai M, Yanagisawa M, Usui T, Ono K, Araki F, Yamagami S, Araie M, Awaya Y.
    In vivo confocal microscopy of hereditary sensory and autonomic neuropathy. Curr Eye Res. 33(11):940-5, 2008.
  • Arita R, Itoh K, Inoue K, Kuchiba A, Yamaguchi T, Amano S.
    Contact Lens Wear Is Associated with Decrease of Meibomian Glands.Ophthalmology. 116. 379-384, 2009.
  • Arita R, Itoh K, Inoue K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Fukuoka S, Amano S.
    Noncontact meibography detects the changes of meibomian glands in the aging process in a normal population and patients with meibomian gland dysfunction. Cornea. 28(S):75-79, 2009.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Fukuoka S, Tomidokoro A, Amano S.
    Proposed Diagnostic Criteria for Obstructive Meibomian Gland Dysfunction. Ophthalmology. 116. 2058-63, 2009.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Tomidokoro A, Amano S.
    Efficacy of diagnostic criteria for the differential diagnosis between obstructive meibomian gland dysfunction and aqueous deficiency dry eye. Jpn J Ophthalmol. 54(5):387-91, 2010.
  • Tomlinson A, Bron AJ, Korb DR, Amano S, Paugh JR, Pearce EI, Yee Richard, Yokoi N, Arita R, Dogru M.
    The international workshop on meibomian gland dysfunction: Report of the diagnosis subcommittee. Invest Ophthalmol Vis Sci. 52(4):2006-49, 2011
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Tomidokoro A, Amano S.
    Proposed diagnostic criteria for seborrheic meibomian gland dysfunction. Cornea. 29(9):980-984, 2010.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Tomidokoro A, Amano S
    Meibomian gland duct distortion in patients with perennial allergic conjunctivitis. Cornea. 29(8):858-860, 2010.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Tomidokoro A, Aihara M, Amano S
    The effects of long-term topical anti-glaucoma medications on meibomian glands. Graefes Archive for Clinical and Experimental Ophthalmology, 2012 Aug;250(8):1181-5. Epub 2012 Feb 18.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Furuta A, Tomidokoro A, Aihara M, Amano S
    Comparison of the long-term effects on meibomian glands of topical anti-glaucomatous medications. Cornea. 2012 Mar 8. [Epub ahead of print]
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Tomidokoro A, Amano S.
    Association of contact lens-related allergic conjunctivitis with morphological changes of the meibomian glands. Jpn J Ophthalmol. Jpn J Ophthalmol. 2012 Jan;56(1):14-9. Epub 2011 Nov 23.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Amano S.
    The newly developed mobile pen-shaped meibography. Cornea. 2012 May 10. [Epub ahead of print]
  • Arita R, Yanagi Y, Honda N, Maeda S, Maeda K, Kuchiba A, Yamaguchi T, Yanagihara Y, Suzuki H, Amano S.
    Caffeine increases tear volume depending on polymorphisms within the adenosine A2a receptor gene and cytochrome P4501A2. Ophthalmology. 2012 May;119(5):972-8. Epub 2012 Feb 14.
  • Arita R, Suehiro J, Haraguchi T, Shirakawa R, Tokoro H, Amano S.
    Objective image analysis of the meibomian gland area. Br J Ophthalmol. 2013, in press,
  • Arita R, Suehiro J, Haraguchi T, Maeda S, Maeda K, Tokoro H, Amano S.
    Topical diquafosol for patients with obstructive meibomian gland dysfunction. Br J Ophthalmol. 2013 Jun;97(6):725-9.
  • Arita R, Shirakawa R, Maeda S, Yamaguchi M, Ohashi Y, Amano S.
    Decreased surface temperature of tarsal conjunctiva in patients with meibomian gland dysfunction. JAMA Ophthalmol. 2013 Jun;131(6):818-9.
  • Shirakawa R, Arita R, Amano S.
    Meibomian gland morphology in Japanese infants, children, and adults observed using a mobile pen-shaped infrared meibography device. Am J Ophthalmol. 2013 Jun;155(6):1099-1103.
  • Arita R, Itoh K, Maeda S, Maeda K, Amano S.
    A newly developed noninvasive and mobile pen-shaped meibography system. Cornea. 2013 Mar;32(3):242-7.
  • Arita R.
    Validity of Non-Invasive Meibography Systems: Non-Contact Meibography Equipped with a Slit-Lamp and a Mobile Pen-Shaped Meibograph. .Cornea.2013 Nov;32 Suppl 1:S65-70.
  • Efron N, Jones L, Bron AJ, Knop E, Arita R, Barabino S, McDermott A, Villani E, Willcox M, Markoulli M.
    The TFOS international workshop on contact lens discomfort:Report of the contact lens interactions with the ocular surface and adnexa subcommittee. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2013 2011 Mar 30;52(4):2006-49.
  • Mori N, Fukano Y, Arita R, Shirakawa R, Kawazu K, Nakamura M, Amano S.
    Rapid identification of fatty acids and (O-acyl)-ω-hydroxy fatty acids in human meibum by liquid chromatography/high-resolution mass spectrometry. J Chromatogr A. 2014 Jun 20;1347:129-36
  • Nemoto Y, Arita R, Mizota A, Sasajima Y.
    Differentiation between chalazion and sebaceous carcinoma by noninvasive meibography.Clin Ophthalmol. 2014 Sep 18;8:1869-75.
  • Increased tear fluid production as a compensatory response to meibomian gland loss: A multi-center, cross-sectional study
    Arita R, Morishige N, Koh S, Shirakawa R, Kawashima M, Sakimoto T, Suzuki T, Tsubota K Lid and meibomian gland working group
    Ophthalmology in press
  • Effects of eyelid warming devices on tear film parameters in normal subjects and patients with meibomian gland dysfunction
    Arita R, Morishige N, Shirakawa R, Sato Y, and Amano S
    Lid and Meibomian Gland Working Group
    Ocular Surface in press
  • Meibum Color and Free Fatty Acid Composition in Patients with Meibomian Gland Dysfunction
    Arita R, Mori N, Shirakawa R, Asai K, Imanaka T, Fukano Y, Nakamura M, Amano S, IOVS in press
  • Tear Interferometric Patterns Reflect Clinical Tear Dynamics in Dry Eye Patients.
    Arita R, Morishige N, Fujii T, Fukuoka S, Chung JL, Seo KY, Itoh K.
    Invest Ophthalmol Vis Sci. 2016 Jul 1;57(8):3928-34.
  • Development of Definitive and Reliable Grading Scales for Meibomian Gland Dysfunction.
    Arita R, Minoura I, Morishige N, Shirakawa R, Fukuoka S, Asai K, Goto T, Imanaka T, Nakamura M.
    Am J Ophthalmol. 2016 Sep;169:125-137.
  • Linoleic acid content of human meibum is associated with telangiectasia and plugging of gland orifices in meibomian gland dysfunction.
    Arita R, Mori N, Shirakawa R, Asai K, Imanaka T, Fukano Y, Nakamura M.
    Exp Eye Res. 2016 Apr;145:359-62.
  • Analysis of Meibum Before and After Intraductal Meibomian Gland Probing in Eyes With Obstructive Meibomian Gland Dysfunction.
    Nakayama N, Kawashima M, Kaido M, Arita R, Tsubota K.
    Cornea. 2015 Oct;34(10):1206-8.

和文原著

  • 伊藤玲子、横井則彦、木下茂
    ハードコンタクトレンズ装用眼の輪部周囲の涙液および上皮の観察
    日コレ誌. 38; 90-94, 1996
  • 伊藤玲子、西田幸二、横井則彦、木下茂
    角膜中央部の選考に対する角膜移植術の成績
    眼科手術 9; 96-98, 1996
  • 総説
    有田玲子、山田昌和
    病気の質問に答えます
    眼科ケア, メディカ出版4(9), 2002
  • 有田玲子、 山田昌和
    先天性遺伝性角膜実質ジストロフィー
    あたらしい眼科, メディカル葵出版, 22(2), 199-200. 2005
  • 有田玲子、天野史郎
    マイボーム イズ マイブーム!~非接触型マイボグラフィーの開発~
    Frontiers in dry eye. 3, 43-48, 2008
  • 有田玲子、 天野史郎
    新しいマイボグラフィー~Non-contact and non-invasive meibography~
    あたらしい眼科,メディカル葵出版, 25(12), 1661-1667. 2008
  • 有田玲子、天野史郎
    Non-contact meibographyの開発
    あたらしい眼科,メディカル葵出版, 26(1), 2009
  • 有田玲子
    麦粒腫、化膿性霰粒腫の診療の注意点. 新しい眼科特集号眼感染症Now!
    あたらしい眼科,メディカル葵出版, 82-85,2009
  • 有田玲子
    新しいマイボグラフィー(写真セミナー)
    あたらしい眼科,メディカル葵出版, 1643-1644,2009
  • 有田玲子、天野史郎
    オキュラーサーフェス最近の話題
    マイボーム機能不全. NANO OPHTHALMOLOGY, 日本点眼薬研究所
  • 有田玲子
    ドライアイ受賞論文解説Frontiers in dry eye. 5, 40-47, 2010
  • 有田玲子
    新しい眼科の検査法 マイボグラフィーについて教えてください
    あたらしい眼科、メディカル葵出版, 印刷中
  • 有田玲子
    眼科特集号 マイボグラフィーによる診断と評価
    眼科、金原出版、印刷中.
  • 有田玲子
    眼科の手引き マイボーム腺関連疾患の診断
    日本の眼科、(株)外為印刷、印刷中
  • 有田玲子
    前眼部診療Update meibography
    Ophthalmic foresight、印刷中
  • 有田玲子
    非侵襲的マイボグラフィーの有用性
    あたらしい眼科、メディカル葵出版、28(8):1087-93, 2011
  • 有田玲子
    モバイルペン型マイボグラフィーの開発
    あたらしい眼科、メディカル葵出版、28(6):829-31, 2011
  • 伊藤玲子
    コンタクトレンズケア用薬. 眼科診療エッセンス
    メジカルビュー社. 235, 1998
  • 伊藤玲子、 日本アルコン、ロート製薬製品解説
    コンタクトレンズデータブック2000
    メジカルビュー社. 182, 203, 1999
  • 伊藤玲子、大久保公策
    リアルタイム絶対および相対定量PCR
    ゲノム機能研究プロトコール, 羊土社. 116-120. 2000
  • 有田玲子
    ソフトコンタクトレンズによる影響
    Practical Ophthalmology 涙液からみたコンタクトレンズ処方
    文光堂, 16-19, 2001
  • 有田玲子
    山田昌和. 先天性遺伝性角膜実質ジストロフィー
    Practical Ophthalmology, 前眼部アトラス、文光堂, 259, 2007
  • 有田玲子
    マイボーム腺機能不全って何?
    続眼科不定愁訴、不明愁訴. 金原出版,218, 2008
  • 有田玲子
    マイボーム腺の観察
    Practical Ophthalmology, 眼のバイオメトリー ,文光堂, 53-55, 2009
  • 有田玲子
    マイボーム腺機能不全の診断と治療
    眼科インストラクションコース眼科診療のスキルアップ前眼部偏
    メジカルビュー社. 90-95, 2009
  • 有田玲子
    マイボーム腺不全機能不全の診断
    眼科検査のグノーティ セアウトン, 株式会社シナジー出版事業部. 印刷中
  • 有田玲子
    マイボーム腺はなぜ梗塞するのか
    視覚のサイエンス, 文光堂, 印刷中
  • 有田玲子
    マイボーム腺機能不全
    新結膜疾患、メディカル葵出版、印刷中

一般雑誌・メディア掲載

医院情報

住所
〒337-0042
埼玉県さいたま市見沼区大字南中野626-11
TEL:048-686-5588
アクセス
地図

アクセス詳細はこちら

ページの先頭へ戻る